交流学習

「人とのつながりの中で」

「ハートフルこまどり」より

高岡市立こまどり支援学校 教頭

 子供は「家庭で育て、学校で鍛え、地域で磨く」と言われます。子供たちは学校での友達との触れ合いや地域の人々との触れ合いの中で心も体も大きく育って行きます。特に様々な年齢の人との交流は大切なものです。しかし、本校の子供たちには、地域での触れ合いの機会が少ないのが現状です。そんな中で、交流活動は本校の子供たちを育てる大きな力になっています。
昨年度は、運動会や学習発表会での志貴野中・南星中の生徒のみなさんとの交流。学校での鶴寄町・宝町・宝町東部・宝町北部の自治会の皆さんとの交流。成美小学校の児童の皆さんとの交流。そして、子供たちの生活の場である居住地校との交流。今年もみなさんのご協力で、子供たちにたくさんの体験をさせていただきました。
学校以外の人に接し、はじめは緊張感でいっぱいの子供たちですが、活動の中で笑顔が溢れていく場面を何度も目にしました。子供たち自身が「人とのつながり」の心地よさを感じることができる時間だったと思います。そういう体験の積み重ねが子供たちの心を大きく育ててくれたと感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともご支援をよろしくお願いします。

 

学校間交流(成美小、志貴野中、南星中と交流しています

〈運動会〉中学校の皆さんと一緒に応援したり、ダンスをしたりしました。

 

 

 

 

 

 

〈小学部〉成美小学校と年2回交流を行いました。一緒に歌を歌ったり踊ったり、ボウリング遊びをしたりして、楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

〈中学部〉夏休みに南星中学校のみなさんと、12月には志貴野中学校や地域の皆さんと交流しました。ゲーム  やダンスなどをして、楽しく活動しました。

 

 

 

 

 

 

居住地校交流(児童生徒が、住んでいる地域の学校と交流します)

 

 

 

 

 

同学年のクラスや特別支援学級で、集会や音楽などの学習をしました。

地域交流(本校周辺の鶴寄町、宝町北部・東部と交流しています)

 

 

 

 

 

 

地域の方々と一緒に、クリスマス集会や豆まき集会を楽しみました。